名古屋 引越し業者 おすすめ

名古屋の引越し業者でおすすめできるのはこちら

名古屋 引越し 見積もり

名古屋 引越し 比較

名古屋 引越し 格安

名古屋 引越し 最安値

名古屋引越し比較

 

 

たくさんある引っ越し業者の中から、一番良い1社を見つけたい。

 

でも、電話帳やインターネットで調べると愛知県だけで400件以上、名古屋市だけでも150件以上ヒットします。

 

こんな多くのお店の中から引っ越し業者を1社だけ選ぶのは、大変な作業です。

 

そこでオススメなのが、引っ越し業者一括見積もりです。

 

名古屋引越し

 

あなた自身の引っ越し料金の相場はもちろん、最安値の会社も簡単に見つけることができます。
サービスが充実している大手の引越し業者にするのか、価格が安い地元密着の引っ越し会社にするのかは、あなた次第です。

 

良い引っ越し業者を選びたいなら、複数の引っ越し業者の見積もりを比較するのがオススメです。

 

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


 

 

引越しの時期と費用

 

引越し時期と費用

 

引越しにはオンシーズンとオフシーズンがあるのを知っていますか?
オンシーズンというのはいわゆる繁忙期と呼ばれ、3月前後の時期をいいます。

 

日本では4月から新学期を迎えますので、新大学生や新社会人が一斉に3月に引越しをするのです。

 

さらに新学期に人事異動を行う企業も多いことから、単身赴任の人や転勤のファミリーなども移動する時期です。
これらの人が一度に3月に引越しするわけですから、引越し業者もスタッフを増やしたり1日にまわる回数を増やしたり対策を講じるのですが、すべての引越しをこなすことは出来ません。
場合によっては、見積もりすら受付してくれない事態もあるのです。

 

もし時期をずらせるならオフシーズンに引越ししましょう。
費用もオンシーズンより安いのでオススメです。

 

どうしてもオンシーズンに引越しするなら、新居が決まった時点で見積もりを依頼して業者を決め、契約までしておきましょう。

 

引っ越し業者が見つからない、高い業者しか残っていないというトラブルは避けたいですね。

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しにはすることが多く気分が焦ります。
だいたいの手順を把握しておくとかなり気分が楽になりますから、ぜひ一度確認してみてくださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。

 

A荷物を梱包し、不用品は処分する。

 

B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。

 

C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。

 

D郵便局へ転送の手続き

 

E引越し当日

 

F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。

 

G荷解き

 

H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

引越し業者を早く決めてしまいたいですが、新居が決まるまでは正確な価格は出せません。
なぜならエレベーターの有無、トラックを停める場所などによっても引越し料金が変わるからです。
新居が決まったらすぐに見積もりを依頼しましょう。

 

しして引越し費用を抑えたいなら、できるだけ荷物を減らすことです。
不用品の運送費もバッチリかかるので、不用品は引越し前に処分してくださいね。

 

市外へ引越しする場合は、転出届を市町村役場に提出します。引越し2週間前から提出することができます。
国民年金や国民健康保険のことも聞いておくといいですよ。

 

電気・ガス・水道会社に引越しする日を伝えて、その日までの料金の精算方法を聞きましょう。
日割りで計算してくれます。
もしかしたら大元のガスの元栓をガス会社の人と閉める作業があるかもしれませんので、確認しておきましょう。
そして新居が同じ市内なら、電気・ガス・水道を引越し日から使えるようにしてもらう手配もしましょう。

 

郵便局で転送届を出しておけば、1年間は郵便物を新居に転送してくれます。

 

引越し当日は家財の置き場所を指示してください。
あらかじめ決めておいて紙に書いてどこかに貼りだしてくれると引越し業者も助かると思います。

 

市内引越しなら市町村役場で転居届を、市外引越しなら転入届を提出します。
引越し2週間以内にしましょう。選挙や児童手当など役所からのお知らせが届きますから、早めに手続きしてくださいね。

 

免許証やパスポート、各種保険、銀行カードやクレジットカード、その他大事な会員証などはそれぞれに連絡して住所変更をしてもらいます。
転送は1年間なので、わすれないうちに行ってくださいね。

 

 

引越し費用が安くなる条件とは?

 

引越し 安い 条件

 

引越し費用は少しでも安いほうが助かりますね。
引越し業者を比較することで費用が抑えられるのはもちろんですが、引越し日の条件でも費用が抑えられるかもしれません。

 

可能であれば、引越し費用の安くなる条件での引越しを考えてみませんか?

 

まず引越し費用は荷物の量が多い方が高いので、不用品はできるだけ引越しの前に処分しましょう。
不用品を運ぶ費用ほど無駄でもったいないものはありません。

 

そして引越しの曜日ですが、平日がオススメです。
土日祝日は仕事を休まずに引越ししたい人達の予約が多めで平日ほどの割引ができません。

 

引越しするなら平日がお得です。

 

そして時間ですが、午前と午後では午前中の方が人気があり費用が高めになります。
午前中に荷物を新居に搬入して、午後からはゆっくりと荷解きをしたいですよね。

 

午後の便は前の仕事が押して引越しのスタートが遅れることも多く、何時に来るかわからないこともあります。
しかしその不便な分、午後便には割引があるのです。
また時間指定をしないフリー便も引越し業者にメリットがあるため、割引されるのでお得です。

 

さて、長距離の引越しは近距離に比べると比べものにならないくらいお金がかかります。
もし単身者であれば、引越しパック便や混載便がオススメです。
ファミリーであれば、やはり一括見積もりで複数の引越し業者を比較するのがオススメです。

 

 

 

引越しの有料オプションとは?

 

引越し オプション

 

引越し料金は人件費や交通費、それにオプションの費用の合計です。
引越し業者が行っている有料のオプションとは次のようなものを言います。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

この中で依頼が多いのは、エアコンの移設です。
エアコンは買うと10万円近くしますし、設置にもお金がかかる家電です。

 

しかしエアコンは賃貸の部屋に付いていないところもまだまだ多いので、自分で購入して取り付けることになります。
自分で購入したものですから、新居にも持って行きたいと思うのは当然かと思います。

 

しかしエアコンは電気事業者でないと取り外しができませんので、自分で電器屋さんに連絡して引越し前と後に1回ずつ来てもらう必要があるのです。
引越し業者のオプションに依頼しておけばその必要がありません。

 

同じくらいの費用であれば、引越し業者にオプションを依頼したほうが簡単なのです。

 

ほかにも荷物の一時預かりのオプションは、リフォームや建替えで一時的に引越しをする方々に便利なサービスです。
仮住まいにすべての荷物を入れるには大きな物件を借りなければなりませんので、不経済です。

 

引越し業者のオプションは「あったらいいな」というサービスを形にしたものですね。

 

 

引越し用のダンボールの集め方

 

引越し ダンボール

 

引越しでは大量のダンボールが必要ですが、どうやって集めればいいのでしょうか?

 

引越し業者と契約する方は最初にダンボールを大量にプレゼントしてくれるので、それを使いましょう。

 

50個とか大量にくれますし、ハンガーボックスやシューズボックス、ハンガーボックスなどは引越し日当日に持って来てくれるので、その場で詰めます。
新居に運んで荷解きをしたら、それらは後日回収されるそうです。

 

しかし中には引越し業者を利用しない方もいるでしょうし、貰ったダンボールだけでは足りなくなる方もいます。
その場合は自分で貰いに行くか、購入しなければなりません。

 

ダンボールといえばスーパーを思い浮かべるかと思いますが、今は前ほどダンボールを持ち帰ることができない店もあります。
それはレジ袋が有料化された影響で、無料のダンボールは買い物客のためのサービスになったからです。

 

スーパーやドラッグストアにて無料で調達できない場合は、ホームセンターやネットなどで購入しましょう。
引越し業者で有料で追加購入できるかどうか、確認してみるのも良いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引越しの注意点

 

引越しの日が近づいてきたら、新居の下見も行った方がよいでしょう。
というのも、新居に荷物を搬入する際、トラックを長時間停めておくことができなかったり、玄関の間口が狭くて家具を入れることができないなど、トラブルが発生する可能性があるからです。

 

荷物を搬入するときに作業がスムーズに進むよう、エレベーターの有無や、階段や廊下の広さなども確認し、どのルートで何を運べばよいか、頭の中でシミュレーションをしてみましよう。

 

名古屋また、室内に家具を置くときも、コンセントの位置やガス栓の位置をしっかり把握しておかないと、重たい荷物を何度も移動することになりかねません。

 

エアコンの取り付け位置や間取りなども確認し、メモしておくとよいでしょう。
また、新居の収納スペースにどのくらいの物が入るかチェックすることも大切です。

 

その他にも、新居周辺の地理を確認したり、旧居から新居までにかかる時間を計算すると、引越し当日の予測を立てることができます。
下見の際には、寸法を測るためのメジャーやデジタルカメラ、メモを取るための筆記用具、時計などを用意するとよいでしょう。

 

 

 

愛知県名古屋市
守山区 中村区 北区 名東区 南区 中区 天白区 熱田区 昭和区 千種区 中川区 西区 瑞穂区 緑区 港区 東区

 

 

 

名古屋の良い引っ越し業者の相場を教えます。

 

引越しの相場は、運ぶ荷物の量に比例して高くなります。

 

世田谷 引越し相場

 

家族が多いほど荷物も多いので、引越し費用が高くなります。
荷物が多ければその分大きなトラックが必要となり、ガソリン代、人件費も上がるので仕方がありません。

 

もし、少しでも費用を抑えたいのであれば不要な大きな荷物は引越しまでの処分するか、小さな荷物は自分で運ぶかして荷物を減らすことです。

 

物件が近ければ自家用車でちょこちょこ運ぶことも出来ますが、遠方となると難しいですね。
その場合は単身パック便や混載便などが使えないかなど、検討が必要です。

 

自分の引越し相場が知りたいなら、複数の引越し業者に見積もりを取ってみるといいですね。
世田谷にある引越し業者1件1件に電話して見積もりを依頼する必要はありません。

 

一括見積もりなら、世田谷にある引越し業者を選んでまとめて見積もりを依頼することが出来ます。簡単ですね。
モヤモヤしていても相場はわかりませんので、まずはやってみませんか?